ビーズな日々

飯塚へ♪  

旧伊藤伝右衛門邸へ

DSC02034.jpg
筑豊の炭鉱王と呼ばれた伊藤伝右衛門と
歌人 柳原白蓮が過ごした邸宅・・・

DSC02019.jpg
玄関横の応接間
正面は暖炉 アール・ヌーヴォー調のタイルが施されています

DSC02045.jpg
煙突もかっこいい♪
窓ガラスはドイツ、窓の上部のステンドグラスはイギリス製だとか

DSC01916.jpg
一畳たたみを敷き詰めた長~い廊下・・・
床と平行なのに傾斜したように見える天井
矢羽天井っていう明治時代の建築・・・

DSC01984.jpg
2階の白蓮さんの部屋からの庭の景色
何を想いながめていたのでしょう・・・

DSC01987.jpg
すりガラスがほんのりグリーンがかっていた照明
全ての部屋でデザインが違う照明でしたが
この白蓮さんの部屋のがいちばん好きだなぁ♡

DSC01966.jpg
洗面所です
鏡、窓枠、石けん置き・・・もうたまらん♡♡♡

京都よりわざわざ宮大工をよんで技をつくさせたという
細やかな美の技法が、いたるところに・・・
どこもかしこも、ため息まじりでみとれました♡
DSC01965.jpg


DSC01943.jpg
襖の引き手も色々なデザインで・・・
これは 松竹梅 繊細なお仕事♡
裏側の引き手は船のデザインでした

DSC01994.jpg

竹を縦にすぅーっと・・・
照明、天井、襖、壁etc・・・
見るとこいっぱい 

DSC01913.jpg

ボランティアで説明をしてくださった
飯塚案内人さん♪

DSC01998.jpg


まだまだ見ていたかった照明・・・どれも素晴らしかった~
DSC01934.jpg

DSC02011.jpg



DSC01939.jpg


DSC02005.jpg


DSC01920.jpg


DSC01927.jpg


DSC01959.jpg



DSC01958.jpg

ここに映るお月様をみていたのかなぁ・・・


いたるところに贅をつくしていましたが・・・
きらびやかではない落ち着いた雰囲気で
建築の隅々にまで本当に細か~いところにまで
伝右衛門さんのセンスを感じました
また行きたい♡ ここ本当に素敵です ぜひ♪


おまけ
DSC02046.jpg

飯塚方面に来たら必ず寄ります『神仙楼』
昭和レトロな店内も魅力的♡
パッと出てくる!美味しい!クールだけど気持ちの良い接客!
優しい味付け 美味しいんですよ~♡


           

category: 未分類

tb: 0   cm: 2

コメント

No title

伊藤伝右衛門邸行かれたんですね☆それぞれの部屋のふすまの柄がすべて違っていたり、素敵な空間ですよね(*^^*)
私の実家、そのすぐ近くなんです(笑)
神仙楼、オーナーのサービスって出てくる料理がサービスじゃないでしょって量でよく家族で笑って楽しんだものです♬

URL | fuwarin #4ZDq0lKA
2013/06/06 22:28 | edit

No title

まぁそうなんですね~♪
ホントに素敵な空間でした~
ひいなの祭りの時にまた行きたいなぁ♡
今日も友達が来てその話になり盛り上がりました
実はまだまだ写真も撮ってたくらい(笑)

13日にお会いできたらお話できましたのに
こちらの都合で伺えず、すみません m(_ _)m



URL |  #-
2013/06/06 22:50 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://beadacce.blog.fc2.com/tb.php/265-886de507
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)